髪の毛を燃やして美髪になる?話題のヴェラテラピアとは



ブラジルの女性と聞くと、情熱的でエネルギッシュでつやつやした長い髪を思い浮かべます。

そんな、美髪の国ブラジルの女性たちが実践しているヘアケア「ヴェラテラピア」が、今注目を集めています。

美髪大国ブラジルの仰天ヘアケア「ヴェラテラピア」とは?

美容に敏感な世界各地のセレブの中でも人気が高まっているヘアケアでヴィラテラピアとよばれるものです。

これは驚くことに、髪の毛をろうそくの炎にかざして燃やすという、何ともびっくりするような方法で、美髪大国ブラジルで女性たちの間で行われているヘアケア法です。

髪の毛の束を手にとって、二つに分けてねじった状態で、髪の毛の表面をあぶるようにしながらキャンドルの火をかざします。

そして、動かしながらねじった髪の表面部分を燃やすという、ちょっと驚くような方法です。

どうして髪を燃やすことで美髪になれる?

髪の毛をろうそくの火を使って燃やすだなんて、なんとなく野蛮で原始的なイメージがあるし、どうして燃やすことで美髪になるのかと、多くの人が疑問に思う事でしょう。

実は髪の表面に火を当てる事で、ダメージを受けて枝毛になっている部分を炎で焼き切る事が出来るんです。

そして、傷んだ部分だけが燃えてなくなり、美しい髪だけが残るというのがその仕組みです。

髪の毛が生まれる頭皮には毛根を包む「毛包」という部分があり、髪に火をかざして枝毛の部分が燃える事によってこの毛包部分が開きます。

毛包部分が開くことで、その後のケアで行うトリートメントの美容成分が、髪の毛により浸透しやすくなり、ヘアケアがより効果的に行えるようになるため、美髪づくりに役に立つというものです。

施術には独特の焦げるようなにおいがしますが、終了後には枝毛がなくなってつややかでサラサラの美しい髪の毛になれる方法として注目を集めています。

髪が傷んでも髪全体をカットせずに済む

日本では通常は枝毛ができると、枝毛の部分をハサミみなどでカットする方法が一般的です。

髪をくるくるとねじって、外に飛び出た枝毛の部分を一本ずつはさみでカットした経験は、多くの女性が持っている事でしょう。

でも、この方法だと髪の毛がところどころカットされて不揃いになるし、スタイリングを綺麗に行う為には、傷んだ髪の部分を切り落とせる長さまで、スパッとカットするしかありませんでした。

枝毛になって傷んだ部分を切り落とすことで、髪を整える方法と違い、ヴェラテラピアは枝毛の部分だけを燃やす方法なので、傷んだからと言って髪全体をむやみにカットする必要がありません。

特に髪を長く伸ばしたい人には髪を長いままでキープできるので、とてもうれしいヘアケア法だといえます。

それでも髪の毛に炎をかざせば、ケラチン質が焦げて独特の匂いがするし、他の部分に燃え広がる事はないのかと心配になりますね。

でも、これはプロの技術によって、独特の火の当て方をすることで安全にできるヘアケア方法なのです。

ヴェラテラピアをする時に注意したいポイント

ただし、いくら美髪効果が高い方法だからと言っても、経験のない人が自己流で行うのはとても危険を伴います。

このヘアケア法が好まれているブラジルでは、美容室で専門の技術を持つプロに頼んで実施してもらうもので、知識も技術もない人が自分で行おうとすれば、火の当て方によっては髪の毛全体を燃やしてしまう危険性もあります。

当然ながら髪にかえってダメージを与えてしまう事も考えられます。

そもそも火を使うために、洋服などに燃え移る可能性もあり、へたをすれば命の危険にさえつながるため、素人がむやみにまねをするようなことは絶対に避けねばなりません。

美髪ケアで注目を集めるヴェラテラピアを受けるには、専門のヘアサロンやヴェラテラピアを取り入れている美容院を見つけてプロに施術してもらうようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする