鹿児島県の曽木の滝(そぎのたき)もみじ祭り 2019年【秋の癒しが満載】


紅葉が楽しめる秋の季節は、自然の豊富な色を感じる時です。
特に10月下旬ではそんな自然豊かな場所が、多くあるので四季の季節としては見どころ満載な日本の時期です。
そうした時に抑えたいのが鹿児島県の「曽木の滝(そぎのたき)もみじ祭り」です。

曽木の滝(そぎのたき)公園には秋の癒しが満載

それは、鹿児島県にある伊佐市の曽木の滝公園です。
この場所は、夏は緑豊かで、滝の流れをじっくりと見物できます。

また、秋になれば木々たちが色合いを赤に変えて公園の雰囲気も一変するのです。
なので、季節の切り替えが感じられ、見物すると気分も切り替わるのです。

そうした、切り替われる公園は、ある意味パワースポットです。
なので、この場所を訪れればきっと年末に向けて、気合が入る見物になること間違いなしです。

それは、市の南部に出来ている紅葉が楽しめ、また滝も楽しめる場所だからです。

秋の季節では紅葉の移り変わる季節が、目で確かめられますし、また曽木の公園内にある滝で、滝からのしぶきを浴び肌で感じるマイナスイオンが楽しめるので、自然の豊かさが一層に感じられます。

鹿児島県にあるこの滝は、見た目もさることながら癒し効果があるので、一大瀑布になっているのでしょう。

そうして、さらに公園内には清水神社があるので、縁結びの神社としても知られています。
こうした事から、鹿児島県の一大スポットで非常に良い環境です。

また、この公園で開催されているお祭りと言えば、秋の紅葉を楽しむ紅葉がりです。
目で見ることの出来るお祭りとあり訪れる人の数は途切れません。

紅葉狩りを楽しみたい時には公園内に向かう時期を早くするといいです。
そうすればじっくりと見物できるので、良いでしょう。

秋に開催される曽木の滝公園のお祭りは和

曽木の滝公園では11月23日、24日になると紅葉狩り祭りを開催しています。

気温が下がってしまいますが、紅葉を見る事で体温が向上するので、見物をするのには気温が下がる滝がある公園は良いものです。

そうした時、この公園では夜になると紅葉を楽しませるためにライトアップをするので、幻想的な姿になりより一層きれいに映ります。

そのライトアップは、単なる明かりだけではなく紅葉を良く見せる為に紫の色を使ってのライトアップなので、心が落ち着く公園内の紅葉になるのです。

曽木の滝公園の秋のお祭りは、いい雰囲気をかもし出すので紅葉狩りには最高の場所です。
また、11月25日になると音楽を奏でて耳と目で楽しめる空間になります。

それは、日本由来の和太鼓演奏があるからです。
紅葉を見ると普段よりも紅葉がコラボをしているように見えるので、音楽との楽しみ方は、ここの曽木の滝公園ならではです。

そうして、この公園じたいが鹿児島県でも有名なスポットなので、秋の紅葉時にはお祭り騒ぎになること間違いなしです。

紅葉の見頃は11月中旬から11月下旬ごろ。

恋愛成就の紅葉スポット

紅葉を楽しむのは、秋の季節しかないので、肌寒くても紅葉狩りには行きたいです。
曽木の滝公園には縁結びの神社もあるのでカップルには最適です。

滝もあり、紅葉のライトアップもあり、日によっては、音楽との紅葉コラボも楽しめるからです。

こうした紅葉スポットはとても記念に残りますし、何よりもカップルの思い出の1ページとして残ります。

曽木の滝公園へのアクセス

この鹿児島県の伊佐市にある曽木の滝に行くには交通手段として電車と車があります。

電車で行く場合

電車では、鉄道水俣駅から南国交通のバスの大口行きに乗って約1時間です。
おりる時は、大口バスセンターで降ります。

その後は、公園までタクシーで走ること15分位です。

自動車で行く場合

また、車では九州自動車道を使って向かいます。

そうして、栗野インターチェンジで降りて国道268号を使います。

また、県道48号、国道267号を使って県道404号に向かい鶴田ダムに向かい走ること20キロで公園が見えてきます。

駐車場は無料なので、助かる所です。120台駐車できます。

・問い合せ先

伊佐市観光特産協会(曽木の滝観光拠点施設) 電話0995-28-2600
伊佐PR課 電話0995-29-4113(平日のみ)

まとめ

曽木の滝公園には紅葉もあり、音楽や滝の音も聞けて、自然と音楽とのフィーリングが肌で感じることが出来るので、日ごろ溜まったストレスが減少していくことに気づくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする