サコージュとは?高齢者の入居の条件や費用、サービス内容が知りたい!


高齢者が安心して住める住宅として、有料老人ホームやグループフォームが一般的ですが、サコージュと言うサービス付きの高齢者住宅が最近注目を浴びています。

サコージュとは?

サコージュとは、サービス付きの高齢者向け住宅です。

サコージュに入居するためには条件があります。

・年齢が60歳以上である方

・要介護などの方であること

しかし、介護レベルとしては、スタッフの介助が不要な方など主に軽度な方が対象となってます。

中には高齢者の方で多く見られる、認知症の症状がない方や生活に関しては、自分自身で何でも出来る方を対象にしている所もございます。

サコージュに入居するための費用

入居するための費用としては、敷金礼金の他に毎月の利用料金が支払えなくなった時のために家賃の前払い金として、多くて数百万円必要になることもあります。

といっても、すべての施設で同じシステムになっているということはないので、いろいろチェックが必要です。

入居をされた後は、普通の賃貸の住宅と同じように家賃光熱費管理費などを含む月額利用料を支払うことになります。

また、高齢者が住むことになりますので、介護サービスを受けられる場合には、介護保険料など含めた金額を支払うことになります。

サコージュで受けられるサービス内容

高齢者向け住宅で受けられるサービスとしては、安否確認生活相談が主となってます。

安否確認サービス

一人で住まれる方も多いので、定期的に職員が確認しに行ったりして安否を確認をすることになってます。

毎日食事を提供している所では、朝食や夕食の時に安否を確認することもあります。

また、設備が整っている所では、ビデオカメラや感知センサーを設置することで、安否確認を行っている所もあります。

24時間常駐サービス

施設には24時間生活相談員が常駐してしていますので、朝のゴミ出しをしたり、買い物を代わりに行ってもらったり、定期的に病院へ付き添ってもらったりと、高齢者が望んでることはしてくださいます。

緊急時の対応

緊急の時にも医療機関への連絡をしてくれたり、入居者の生活全般をサポートしてくださいますので、高齢者は安心して住めるようになってます。

施設の使い勝手と環境

高齢者が生活をする所なので、当然のことながら、段差をなくしたり壁などに手すりを取り付けるなどのバリアフリー住宅となってますので、高齢者の移動がしやすくなってます。

コミュニケーション環境

施設によって建物の作りには差がありますが、多くは個室になっており、浴室やキッチン、トイレ、洗面台など設置されていることから、居室だけで生活をすることも可能となってます。

中には食事をする所やくつろぐ所は共同になっているコミュニケーションを大切にした施設もございます。

サコージュでは、他の介護施設と違って、軽度な方が暮らしていることから、外出をしたり外泊をするなど制限を設けていないことが多いので、高齢者の方が住みやすい住宅となっていることは間違いないです。

食事提供について

居室にキッチンがあるために自炊することも可能となっており、食事提供サービスを受けられるようになってる所も多いので、食事の面では不便さを感じることはないです。

まとめ

サコージュでは、自立出来ている方だけでなく、介護などサポートが必要な方も入居することが出来るようになってる所が魅力です。

高齢者の中では、一人になりたい方もいらっしゃることから、完全個室になっておりプライバシーが確保されていることで、そういった方に対しての配慮も出来ている感じはします。

この施設では、入居するための条件があまり厳しくないことから、今まで住んでいた住宅から居住空間を変えることが楽に出来るようになってます。

高齢者の方は、田舎で暮らしていると、時期に一人になってしまうことで、話し相手もいなくなり寂しく思うことが多くなってきます。

サコージュにはて同じ年齢の方が多くいらっしゃるので、話し相手がいることで楽しい時間を過ごすことが出来ると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする