付き合う前のデートで脈ありかどうかわかっちゃう!?デート別のポイント


気になるあの子をデートに誘えた!

でもそう思っているのは自分だけ?

好きな女の子が脈ありかどうかって気になりますよね。

できれば告白する前に脈ありかどうか知りたい。

そこで、デートの時の女の子の仕草でわかっちゃう?!

脈ありかなしかわかってしまうサインをデート別のポイントからみてみましょう。

映画デートではここに注目!脈ありかどうかわかる仕草や言動は?

デートに誘うとき、やっぱり定番は映画デート。

お互い興味のあるものなら誘いやすく、

会話のネタに困ることもないですよね。

しかしそれが脈ありかどうか判断するのは意外と難しいのです。

そこで、デート中こんな仕草や言動がないか注意してみましょう!

・チケット購入などでカップル割引の利用を嫌がらない

・上映中に食べるものを二人で分け合うことができる

・軽いボディタッチがある

・「今日を楽しみにしていた」といった風に、

映画だけじゃなくデートも楽しみにしてくれていた会話がある

・映画の後の予定や次回のデートに積極的

どうですか?

いくつか当てはまるようならばそれは脈ありといえます!

さらに彼女もあなたに気づいてほしくて

この他にも小さなサインを出しているかもしれませんので、

見逃さないようにしましょう。

また、一緒に映画を行く、という時点で彼女はあなたに心を開いています。

そこから脈ありかどうかの仕草を引き出すために

あなたからもアピールが必要です。

チケットを買うとき、ご飯を食べているときなどほんの少しでいいので

彼女を意識していることが伝わるようなアプローチをしてみると効果大です!

食事中に…食事デートでわかる脈あり行動!ここを見よう!

デートで一番大切なポイントといえば食事!

一緒にご飯を食べる行為は

リラックスしていて無防備な状態になっている場合が多く、

その人の本心が一番出やすいのです。

また、相手との親近感も感じることができるので

付き合う前の食事はとても大切な時間です。

では食事の際に気を付けたいポイントは3つ!

1.目がよく合うか

 食事中というのは無防備な姿を見せることなので、なかなか恥ずかしくて

 目を合せられない女の子も。

 そのため、会話中よく目が合うというのはあなたを信頼し、

 はっきりとした好意を持っているということになります。

2.食事中スマホなどほかのことに意識をむけていないか

 もし、スマホをいじっていたり、他のことに意識を向けていたならば残念ながら脈なしの可能性が高いです。

 彼女がこの時間をどう思っているかどうか見極めるポイントになります。

3.食べ物のシェアができているか

 迷っていたものや食べてみて美味しかったものをシェアできるのは二人の親密度が高いからこそできること。

 あなたから「食べてみる?」と言って彼女の反応をみてみるのも良いですね。

もしすべてがクリアできていなくても大丈夫!

一度の食事だけで判断はなかなか難しいので、

何回か重ねていくことが大切です。

さらに、お店の雰囲気によっても女の子の出すサインは少し変わっていきます。

食事をする場所は二人きりの空間が楽しめる静かな場所を選ぶとベストですね。

猫カフェでもわかる!?デート中のあの行動で脈ありかどうか探ろう!

定番なデートでの脈あり仕草をお話してきましたが、

しかし実はデート中のある行動でわかってしまうのです。

まず、デートで大切なことは『目的』と『共通』です!

・映画に行く

・美術館に行く

・猫カフェに行く

とそれぞれ目的がはっきりしていることと、それがお互いの共通の趣味や興味でもあることで誘いやすく会話も盛り上がりますよね。

しかし女の子から見たデートで、もう一つ大切なこと

それは『思い出』になったかどうかです。

ではどうやって判断したらいいか、ずばり

彼女がデート中にカメラであなたを撮っているか。です!

例えば猫カフェに行ったとき、かわいい猫の写真を撮りますよね。

そんな時、あなたと猫の写真を撮ろうとしていませんか?

それは彼女の思い出にあなたが加わっている、ということなのです。

女の子はデートが終わった後、もう一度写真をみて思い返すことがあります。

楽しいと思っていた時間なら尚更。

あなたの写真を撮る、

というのは彼女の思い出にあなたがいてほしいと思っている証拠でもあります。

これはもう脈ありです!

そこであなたも勇気を出して彼女の写真を

さらにはツーショットを狙って

あなたも彼女を特別に思っていることをアピールしましょう!

また、いつまでも良い感じでいるのは、女の子もムズムズいちゃいます。

タイミングを決めてしっかりアタックすることが大切です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする