彼氏が指輪をくれるときの心理って、やっぱり結婚なのかな?でも…


最近彼への気持ちが落ち着いて、以前のようにときめかない…

そんなこと知ってか知らずか

とつぜん渡された指輪…

これって結婚を意識しているのかな?

本当なら嬉しいはずの指輪、でもやっぱり惹かれない!

そもそも男性が彼女に指輪を送る心理には

ただ単純にプレゼントしたかったから、という気持ちもありますが

やはりそこには『結婚』を意識し、

自分のものになってほしいという気持ちが大きくあると思います。

しかし結婚する気がないのに指輪をもらった時はどうすれば良いの!?

彼氏と別れたいと思っていたところに結婚を切り出されてしまったら…

彼に対して気持ちが醒めてしまった今日この頃

そろそろ潮時かなと思っていたら結婚の話!?

そんな時はまず落ち着いて!

彼がどうして結婚の話しを持ち掛けたのか聞いてみましょう。

男性が結婚を切り出すタイミングとして

・お互いの生活サイクルに慣れてきた

・結婚適齢期を迎えたから

・彼女から結婚したいオーラを感じる

・これからも一緒にいたいと思えたから

といったきっかけが必ずあります。

もしかしたらあなたとの会話の中にも

彼が結婚を決めた理由があったのかもしれません。

しかし、重要なのはあなたが結婚に対して乗り気ではないこと!

すぐに答えは出ませんし、いきなり断るのも…

そんな時は一旦保留にさせてもらいましょう。

「嬉しいのだけど、突然のことで驚いちゃって…」

「今の仕事もあるし、ちょっと考えさせて」

といった風に、他の理由付けをする・驚いて思考が止まったことを伝えましょう。

彼も大きな決心をしているでしょうから、その気持ちに対しては

真摯に答え受け止めることで

その後別れ話になったときに泥沼化を避けられます。

どうしたら伝えられる?彼氏にうまく別れを切り出す言葉5選

彼の結婚への思いを聞いてもやっぱり無理!

うまく別れを伝えるにはどうしたらいいか、知りたいですよね。

では実際に、これでうまくいった!

彼へ別れを切り出す言葉とタイミングをご紹介します。

「すこし冷静に考えたいから距離を置かせてほしい」

あくまで二人の今後を考える前提で切り出します。

少し時間をおいてからその後あなたの気持ちや考えを少しずつ相手に伝えていきましょう。

「今は自分のことで手一杯なの」

忙しい・一人の時間を大切にしたい、と理由をつけてやんわり切り出してみましょう。

「あなたに不安はないけど今後のことを考えたい」

彼をなるべく傷つけたくないときに。将来の理想と感じている不安を理由に別れを切り出します。

「実はあなたへの気持ちはもう醒めていたから」

彼への気持ちを正直に伝えるパターンですが、タイミングが重要になってきます。

あまり時間を空けすぎず、いきなり切り出すことは避けましょう。

「考えれば考えるほど私にあなたは勿体ないから」

遠慮するふりをし、あなたにはもっといい人がいる、と切り出す方法です。

納得させるまでに時間がかかりますが、彼もあなたへの思いを切りやすくなります。

どうですか?

別れを切り出すのはなかなか難しいです。

しかし、いつまでもなあなあにしていてはいけません!

先延ばしにしてしまったがために

今後さらに大きな修羅場を迎えることもあるのです…

別れを切り出すときは、

少しそっけない態度をしておく、友人に相談しておくといった準備をあらかじめしておいてから切り出しましょう。

それでも彼氏に別れの言葉を言えないときはどうすればいいのか?

基本、彼とあなたのためにも

あなたからきちんと別れの気持ちを伝えた方が良いですが

どうしても言えなかった…!

そんなあなたに、まずはもう一度気持ちの整理をしましょう。

・彼と本当に別れたいのか

・なぜ別れたいのか

・いつまでに別れるか

この3つをあなたの本音で考えましょう。

また彼に言えないのなら、まずは友人に相談しましょう。

その時も上の3つをポイントに明確に話すことが大切です。

ただ感情的になってはどうしたいのか、が伝わりにくくなってしまうので注意です。

第三者を通すことですっきりできることもあるのでおススメですよ。

自分から切り出す勇気をもらえるかも!

それでも、どうしても彼に言えないときは友人から別れを匂わすようなことを言ってもらうのもアリです。

それと同時に少し冷たい態度もとりましょう。

未練を残さないよう彼に吹っ切れてもらいやすい状況を作ります。

彼にとってもここでの別れは重たいものがあるでしょう。

そのご後腐れなく別れるためにも、

すこし距離を置いて考える時間をあげてください。

もしかしたら、彼の方から別れを切り出してもらえるかも!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする