怪しいっ!彼氏の浮気がすぐわかる!浮気の行動パターンとは?


最近彼の行動が怪しい…!と思っていませんか?

・普段はあんなことしないのに…
・いつも予定を教えてくれたのに今は教えてくれなくなった…
・なんだかいつもそわそわしてる?

などなど、つい怪しんでしまう行動ってありますよね。

疑いたくはないけどもしかして浮気…?

その女の感、あたっているかも。

しかし周りに相談して、疑っているのが彼にばれたら嫌!

そこで、彼にバレずに浮気を確かめるための行動パターンと、疑いを確信に帰る方法をお話しします。

これからお話しすることで、本当に浮気だった時ってかなりショックですよね。

しかし、浮気は絶対にあやふやにしてはダメ!
勇気を出してバッチり証拠をつかみましょう!

彼氏と別れそう!どうも浮気をしているみたい…怪しい行動パターン

最近、彼がよそよそしい…
一緒にいてもつまらなそう…

こんな風に彼の行動や雰囲気に不安に感じていませんか。

大好きな彼がそんな感じになったらショックですよね。

喧嘩したから?

別のことに夢中になったから?

嫌われた?

その理由…浮気かも。

世の女の子が怪しい!と感じた浮気行動パターンをご紹介します。

実際に浮気だったパターンもあるのでかなり参考になりますよ!

・デート中スマホばかり見ているor気にしている
・服や持ち物の好みが変わった
・約束のキャンセルが増えた
・SNSの更新が減ったor止まった
・メールやラインのやり取りが減った/返事が遅い
・質問や予定を聞いてもはぐらかされる
・知らない香水の匂いがする時がある

などなど…いかがですか?いくつか当てはまったならそれは要注意。
浮気の可能性がかなり高いです。

また今まで興味のないと思っていたことに急に興味を持始め、詳しくなるのもあやしいですよね。

ポイントは今までと違う!ということ。

やはり変化にはきちんと理由がありますから変化を見逃さないことが重要です。

浮気してる彼氏なら別れてやる!浮気を確かめる方法5選

怪しい行動パターンをいくつか見て、もしかして、が絶対浮気!になったとしても
まだ想像の段階、証拠がありませんよね。

今別れても後から彼に

「あいつが勝手に疑っただけ」なーんて言われたくない。

浮気を確信に変える方法を5選ご紹介します!

ここから先は浮気を確かめるための本格的な方法になりますので
行動に移すときは慎重にいきましょう。

① お財布の中を調べる
残っている映画の半券・レシートの日付とお店に注目!身に覚えのないホテルやレストラン、女物のプレゼントのレシートがないかチェックしましょう。

② SNSで別アカウントを作って彼に近づく
彼もまた別のアカウントを作っている可能性がありますので、彼の興味がありそうなものや友人経由で彼のアカウントを見つけましょう
他の女の子とのやり取りが見つかったなら確実ですね

③ スマホの通話履歴検索履歴などを調べる
かなり難易度が高いですが確実な証拠をつかめます。

しかしロックがかかっている、履歴が削除されている可能性もあるので要注意です。

④ 彼の部屋・車の助手席をチェックする
一人暮らし、もしくは車を持っている場合に限りますが、助手席の位置わざと動かす、ミラーを汚しておく、ソファーやベッドの下に自分の小物を隠しておくといった罠を張っておくと効率的です。

また明らかに自分のものではない髪の毛やアクセサリーも落ちている可能性があるので要チェックです!

⑤ 彼の友人にそれとなく聞いてみる
共通の友人からそれとなく聞いてみましょう。また友人も共犯の場合があるのであなたの友人も呼び、2または3対1という状況を作っておくといいでしょう

彼氏とうまく別れるには?相手は何をやっても既読無視

勇気を出して証拠をつかんだあなた!
おめでとうございます。無事別れる決心はつきましたか?

しかし、浮気の証拠をつかみ彼に問い詰めてようと連絡してもすべて無視!
なんてことも。

彼もあなたの行動に気づいてしまった可能性もあります。

ここまできたら、はっきりさせてきれいに別れたいですよね。

浮気した上にこちらの連絡も無視するような相手に慈悲はいりません!
ガツンといきましょう!

まずは彼の友人やバイト先、先輩などから彼に連絡してもらいましょう。

ただ、話し合いの場合は大事にならないよう1対1がベストですが、彼の反応がひどいようなら周囲の人にすべてを話してしまいましょう。

また以前あなたが作ったSNSのアカウントでコンタクトをとるのも良いですね。
一度浮気をした人は必ず次も引っかかります。

浮気は最低なこと

浮気をするような彼に、あなたが引きずられることは何もありません。

きれいに別れてもっと素敵な人との出会いを大切にしていきましょう。
あなたの周りの人たちもそれを望んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする