アミノモイスト モイストチャージ ミルク使い方や口コミで効果を知りたい!


敏感肌や乾燥肌の方は、肌に合わない化粧品が多く化粧品選びに苦労しているのではないでしょうか。

肌に優しいものだと物足りない、スキンケアを楽しめない、こんな悩みを抱えている方もいると思います。

敏感肌や乾燥肌のことを考えが化粧品が「アミノモイスト モイストチャージ ミルク」です。

この記事ではアミノモイスト モイストチャージ ミルクを使って良かったと思えるかどうかを検証していきたいと思います。

アミノモイスト モイストチャージ ミルクの良い口コミ

この乳液を使うようになって肌がモチモチになりました。

高保湿というほどではないのですが、必要最低限の潤いは与えてくれます。

乳液はミルクのように白い色をしていて、ややねっとりとしています。

使用感は気持ちがよいです。

また、肌質が変わってこれまで使っていた化粧品をつけると肌がヒリヒリしてしまったのですが、この乳液はヒリヒリすることがありません。

年齢とともに肌が乾燥してきたので、敏感肌ではないのですが使ってみました。

容器はプッシュ式なので乳液を適量出しやすいです。

テクスチャーはこってりしたクリームのようです。

クリームっぽいものは肌なじみが悪いことがありますが、モイストチャージ ミルクは肌になじみます。

低価格なのによい商品です。

肌の内側に潤いを閉じ込めるようにしっとりとします。

夜に使って朝洗顔をした後、まだ乳液などつけていないのに肌がしっとりとしています。

絹のような手ざわりで本当にびっくりしています。

ニキビができやすい肌なのですが、これを使っていてニキビができたことはありません。

何でもっと早く使わなかったのだろうと後悔しています。

アミノモイスト モイストチャージ ミルクの悪い口コミ

保湿系の化粧品にありがちな嫌なべたつきはなく、それでいて保湿力は十分です。

しかし、私の肌にはあわなかったみたいでブツブツができてしまいました。

保湿力には満足していたので、問題なければ使い続けたかったので残念です。

使い始めたころから好感触で、秋口になっても肌の乾燥が緩和されました。

ですが、使い続けて1か月ほどしたらピリピリを感じるようになりました。

敏感肌用だったのですが、私の肌には合いませんでした。

アミノモイスト モイストチャージ ミルクの使い方

・化粧水などで肌を整えてから使用をします。

・清潔な手に1~2プッシュを取り出し、顔全体になじませます。

・汚れた手でケアをすると手の汚れが肌への刺激になるので、清潔な手で顔を触るようにしましょう。

・また、乳液を肌に広げる際に肌をこすると肌が傷つくので、広げる際にはこすらないように優しくしてください。

こんな人におすすめ

・敏感肌で肌に優しいものを使いたい
・肌が乾燥する
・優しいだけでなく+αが欲しい

こんな方におすすめです

期待できる効果は?

敏感肌や乾燥肌は肌のバリア機能が低下をしています。

肌のバリア機能とは、紫外線やホコリなどの外部刺激から守ったり、肌内部の水分が蒸発しないように守っている働きのことです。

肌表面の角質層がこのバリア機能の働きをしています。

角質層の角質細胞の中には、天然保湿因子という肌の潤いを守る成分が含まれています。

バリア機能が低下している敏感肌や乾燥肌は、角質層に含まれる潤い成分が不足していて、そのため角質層の構造が乱れてバリア機能が低下をしてしまうのです。

天然保湿因子の約半分がアミノ酸でできています。アミノモイスト モイスチャージミルクは、9種類の保潤アミノ酸と2種類の清透アミノ酸を配合した乳液です。

こってりとしたテクスチャーの乳液で、肌に潤いを与えてくれます。

肌が乾燥していると肌がごわついてしまい、一般的な化粧品が浸透しにくいと思います。

しかし、アミノモイスト モイスチャージミルクはごわついた肌でも角質層まで浸透をします。内側に潤いを与えて閉じ込めます。

他の保湿系の化粧品との違い

保湿系の化粧品はさまざまありますが、他の製品とアミノモイストモイスチャージミルクが違う点は、肌への優しさを考えていることです。

アミノモイストモイスチャージミルクは、香料・着色料・アルコール・パラベン・紫外線吸収剤は無添加、弱酸性、パッチテスト済み、スティンギングテスト済み、アレルギーテスト済み、敏感肌・乾燥肌の方による連用テスト済みです。

製薬会社が皮膚科学に基づいて開発をしています。

敏感肌や乾燥肌こそ保湿ケアが必要なのですが、肌に刺激を与えるような成分を使用している保湿系化粧品では肌がヒリヒリすることなどあると思います。

しかし、アミノモイストモイスチャージミルクなら敏感肌や乾燥肌への優しさを考えています。

また、ただ優しいだけでなくアミノ酸配合で+αの美容も考えられています。

まとめ

敏感肌や乾燥肌は肌のバリア機能が低下をしていて、外部の刺激に敏感になっていたり、ケアをしても肌が乾燥しやすくなっています。

そんな肌のことを考えた化粧品が、アミノモイストモイスチャージミルクです。

こってりした乳液が肌に潤いを閉じ込めて、潤いに満ちた肌に導きます。

ただ優しいというだけでなく、低刺激でありながらも美肌に近づくようサポートをしてくれる乳液です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする