絶対キレイな美肌になる!そんな美容意識の高い女性をサポートするサイトです。

美肌 キレイなお嬢様になる!

美容

ソフィーナ ジェンヌ 化粧水の使い方と、口コミの効果は本当なの?

2018年4月10日に、リニューアルされ新発売された、うるおう技術に特化した化粧品「NEW ソフィーナ ジェンヌの化粧水」を紹介します。

化粧水に必要なのは、ただの水分補給だけではありません。

その水分のキープ力が日中持続しなくてはならないからです。

 

水分供給に、さまざまなタイプがありますが、ソフィーナ ジェンヌは、20代女性におすすめの化粧水です。

この20代と言う年代は、肌のかさつきが始まる頃なので、水分をキープしなくてはならない必要性に迫られています。

 

ソフィーナ ジェンヌの化粧水では、優れたデザイニングと、キープウォータブルというコンセプトで、朝一回の保湿で、一日をクリアする意味を込めています。

セラミドの成分を供給し、保水・保湿を高めて、日中の化粧のりをよくする仕組みもあり、肌にトラブルが起きそうな段階で、事前に手を打っておく容易としての化粧品になります。

 

ソフィーナ ジェンヌの化粧水(楽天市場)はこちらから
↓ ↓

 

ソフィーナ ジェンヌ化粧水の口コミ

 

ソフィーナ ジェンヌの化粧水に多くの口コミが寄せられています。

口コミを大まかにまとめました。

 化粧水だけだと、不安だけど、持続時間が違う。

 天然系と聞いてあんしんしてます。 

 肌がぼろぼろになるのは、もうやめたい。 

 ごまかしがきく世代と言われてるけど、現実にはこれです。

 どうしてもっていうときは、ソフィーナ ジェンヌの化粧水を部屋の中で使用してます。

 

Twitterにも多くの口コミが投稿されていました。

その一部を紹介しますね。

ソフィーナ ジェンヌ化粧水のおすすめの使い方

使い方としては、洗顔した後に、手のひらにこぼして、軽くなじませ、肌表面をぴしゃぴしゃと軽くたたく感じで、伸ばしていきます。

 

ある程度乾燥するまで少し待って、それから、ファンデーションメイクに手順を伸ばしてください。

 

洗顔した後にすぐ化粧水を施すことで、はだのきめ細かさと、保水状態を保ったまましごとに入れますので、感覚をあけずにまずは化粧水だけでも塗布し、その後、メイクアップに入ると良いでしょう。

ソフィーナ ジェンヌ化粧水について、もっと詳しく知りたい方は、このまま記事を読み進められるとよいと思います。

 

ソフィーナ ジェンヌ 化粧水の効果

ソフィーナ ジェンヌ化粧水の効果としては、保水・保湿の持続時間が優れていること。

 

そのことのために、日中メイクアップを更新できないようなときに、ファンデーションを塗り替えることなく、表面の仕上げをすることが可能になります。

ファンデーションののりの前に、保水力を高めておけば、きめ細かさを保持した女性肌には、あらゆるストレスから防御する基礎力となるわけです。

 

女性としての、面倒なメイクアップのやり替えは、確かに、手間のかかることですが、保水から仕上げておけば、夕方からのチェンジにも、対応できるベースメントで仕上がります。

つまり、忙しい女性たちに、化粧台の前を通過できない人たちに、基礎力の有る化粧水で、時間を省くという形ができます。

ファンデーションの下地にあるのは、肌になります。

肌の効果を高め、維持していくのは、毎日のスキンケアと、メイクアップのベースメントとしての力量をキープしていくことになりますので、スキンケアの意味を考慮し、化粧の内側から輝く肌を保存しなくてはなりません。

ソフィーナ ジェンヌの化粧水はこんな人におすすめ

20代からの女性肌は、水分のキープ力が弱まってきます。

 

ですので、水分を放出された状態で、放置したり、そのままメイクアップに移ってしまうと、化粧の下地のほうから、肌へのトラブルがすすんでしまうことがあるのです。

 

つまり、20代の肌のまま継続して、スキンケアを兼ねたトータルメイクアップを維持していくために、朝のうちから、保湿・保水力を高めたままの肌をキープしなくてはなりません。

もちろん、化粧水から油類を塗布したり、純度の高いファンデーションで仕上げる事も可能になります。

女性肌としてもんだいになるのは、その角質のセラミド成分のはなしはよくあります。

 

セラミドを補給するという考え方とは、違いますが、化粧水を肌になじませ、そのメイクアップとストレスへのバリアーとなる考え方で、ソフィーナ ジェンヌを利用すると、一番効果が高いでしょう。

化粧をデイワークでする人たちにとっては、化粧品でのストレスはぜひとも避けなくてはならない点です。

 

もし、残業が長引いた際に、メイクアップをやり直すのは、通常ではないので、このような、バリアータイプの化粧水が功を奏します。

他の商品との違いは?

他の化粧水に関しては、ミネラル系・保水たっぷり系など、さまざまなタイプがあります。

 

ただし、ソフィーナ ジェンヌでは、その上に化粧品を施すということに着目し、サプライされています。

ファンデーションの力は、肌力からということに着眼しなくてはなりません。

通常の化粧水が、スキンケア系であったとしても、ソフィーナ ジェンヌは、よりよくコスメティックメイキングを達成するための、いわば化粧水による下地剤という形になります。

 

もちろん、フローラルの香りで、着色はされていませんが、メイクアップの流れるような手順のなかにおいて、重要な位置をキープするでしょう。

天然系と比べれば、たしかにスキンケアオンリーのタイプとは違いますが、いちにちの保水・保湿をキープしたければ、ソフィーナ ジェンヌの肌表面のバリアーが有効なセーヴスキンの方法となります。

 

まとめ

素材力というかたちで、肌に塗布するものは慎重に選ばなくてはなりません。化粧水でも、天然系成分と、保湿成分セラミドを有効に利用してください。

-美容

Copyright© 美肌 キレイなお嬢様になる! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.