目の下のクマはオレンジリップでは隠せない?コンシーラーの方が良いの?


目の下のクマが目立つ、メイクで隠せない、クマが原因で疲れてみえる、こんな経験がありませんか。

でも、どうしてクマができてしまうのでしょうか。

また、どのようにすればクマの悩みを解決できるのでしょうか。

目の下にクマがあってつらいこと

目の下にクマがあると老けて見えたり疲れて見えたりしてしまいます。

疲れていないのに「具合が悪いの?大丈夫?」など声をかけられたことがありませんか。

クマがあるだけでこのように見られてしまうのです。

目の下のクマを隠すために毎日メイクを頑張っている人もいることでしょう。

しかし、濃いクマを隠すのは大変です。毎日メイクに時間がかかってしまい、他のことをする時間を無駄にすることになります。

青クマ、黒クマ、茶クマの見分け方は?

目の下のクマといっても、青クマ・黒クマ・茶クマの3種類があります。それぞれ原因と対処法が違うので、まずはどのようなクマなのかを見分けましょう。

青クマの見分け方

青クマとは名前の通り青っぽいクマのことです。

目の下の皮膚を軽く引っ張ってみると、完全にではありませんが少しだけ薄くなります。

茶クマの場合は薄くならず、黒クマの場合は多少薄くなります。

黒クマの見分け方

上から照明が当たるとクマがくっきりとします。

上を向いた状態で鏡を見るとクマが目立ちにくくなります。

綿棒で目の下の膨らみを押したときに影が消えるようなら、黒クマの可能性があります。

茶クマの見分け方

目の下の皮膚を軽く引っ張っても消えません。

鏡を持って顔を見たとき、真正面から見たときと横から見たときでクマの感じが変わらないようなら、茶クマの可能性があります。

青クマ、黒クマ、茶クマのそれぞれの原因は?

青クマの原因

目の下の皮膚は顔の他の部位よりも薄く、目の下を通っている毛細血管の色が皮膚を通して見えます。

目の下の毛細血管の流れが滞っていると、皮膚を透かして青っぽく見えます。

この状態が青クマです。

毛細血管の血流が悪くなってしまう原因として考えられることは、スマホやパソコンの長時間使用、睡眠不足、冷え、ストレスなどです。

黒クマの原因

涙袋の下の脂肪が突出して影ができて黒く見える状態が黒クマです。

眼球の周りを眼窩脂肪が取り巻き、眼球を支えています。

加齢に伴い目の周囲の脂肪や筋肉が衰えてゆるみ、それによって目の下の眼窩脂肪が突出をします。

こうして脂肪がせり出すことで影ができることが黒クマの原因です。

加齢以外には生まれつきの骨格や脂肪が多いことも原因になります。

茶クマの原因

茶クマは色素沈着が原因です。

紫外線、洗顔時に目の周りをこする、目の周りを強い力でマッサージするなどにより、目の周りの皮膚がダメージを受けることでメラニン色素の生成が促されます。

メラニン色素が沈着してしまうと茶クマとなります。

目の下だけでなく、目の上のまぶたも茶色くなることもあります。

青クマ、黒クマ、茶クマのそれぞれの予防方法は?

青クマの予防方法

青クマは目の下の毛細血管の血行不良が原因なので、血流をよくすることが青クマの予防方法になります。

睡眠不足、冷え、ストレスなどは血行不良の原因になるので、よく眠る、体を温める、ストレスをためこまないように心がけるといったことをしてみましょう。

黒クマの予防方法

加齢の影響を止めることはできませんが、エイジングケア化粧品で目の下のたるみを予防することが黒クマ予防につながることが期待できます。

無理なダイエットをすると筋肉が衰えて目の下が落ちくぼんでしまうことがあるので、バランスがよい食事を心がけることも大切です。

茶クマの予防方法

紫外線の影響で色素沈着を起こす心配があるので紫外線対策をしっかりと行いましょう。

強い力でこするとメラニンの生成が促されてしまうので、洗顔時にはこすらないようにし、目の周りをマッサージするときにはマッサージクリームを使ってこすらないように気をつけます。

目の下のクマを消すリップは赤色オレンジ色ではどっちが良い?それともコンシーラーが良い?その理由は?

目の下のクマをメイクで隠すときにはコンシーラーを使いましょう。

コンシーラーは、濃いシミ、クマ、赤み、ニキビなどをピンポイントで隠すものです。

ファンデーションでも隠せない肌トラブルにも対応をしています。

クマ消しにも使える赤やオレンジ色のリップは程度が軽いクマなら隠せるかもしれませんが、リップは唇に塗ることも想定して作られていて、クマを隠すことが主目的で作られているわけではありません。

コンシーラーに比べるとカバー力は劣ります。

目の下のクマを消すそれぞれのやり方は?

コンシーラーを選ぶときには、クマのタイプにあわせてカラーを選ぶことが重要です。

青クマを消すやり方

オレンジ系のコンシーラーを選びます。ピンク系の方が合うこともあるので、いろいろと試してみてください。

黒クマを消すやり方

ベージュ系やオークル系を選びます。目の下に光を集めることを意識してみましょう。

茶クマを消すやり方

イエロー系で自分の肌よりも少し明るめのコンシーラーを選びます。

明るすぎると色が浮くので注意が必要です。

クマの部分に直接コンシーラーを塗って、塗った部分と塗っていない皮膚の境目を指でぼかします。

コンシーラーを塗った部分の真ん中は触らないようにしましょう。

触ってしまうとうまくカバーできなくなります。

目の下のクマを隠しながら保湿が出来る、

美容液コンシーラーが今人気!


>>気になったので今すぐチェックしてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする