濃縮発酵させた酵素「幸寿(こうじゅ)」気になる効果と、アットコスメの口コミ


%e5%b9%b8%e5%af%bf

「幸寿(こうじゅ)」とは?

幸寿」は、80種類の野草や果物由来の酵素を4倍に濃縮した、純度100%の「酵素液」です。

製造は国内工場で行われており、香料や白砂糖などは配合されておらず、無添加なので、毎日安心して続けることができます。

一般的な酵素飲料は、加熱処理をしないと、充填できませんでした。しかし、加熱すると酵素が失活してしまい、十分な効果を実感できない場合があるのです。

一方「幸寿」は、酵素を濃縮させて、水分を飛ばすことで、加熱せずに充填しています。それにより、新鮮なままの酵素エキスを、たっぷりと摂取することができるようになりました。そのため、今までの酵素では満足できなかった方にもおすすめです。

1日の摂取目安量は、スプーン1杯です。摂取する際は、熱を加えずそのままお使いください。ヨーグルトや果物、野菜などに合わせて摂取することもおすすめです。

幸寿 画像

「幸寿(こうじゅ)」の効果

酵素の大きな役割には「消化酵素」「代謝酵素」があり、健康を保つうえで、重要な役割を果たしています。

しかし、加齢やストレスなどで、体内の酵素は減ってしまうのです。減ってしまった酵素を補うためには、大豆や納豆などの発酵食品や野菜などをバランスよく摂取する必要があります。しかし、忙しいと簡単には食生活を変えられない方も多いと思います。

そのような方には「幸寿」がおすすめです。「幸寿」は1日スプーン1杯だけで、簡単に酵素を摂取することができます。

「消化酵素」が不足して、消化不良を起こしてしまうと、消化しきれなかった食べ物が悪玉菌のエサとなり、腸内環境が乱れてしまうことがあります。

しかし、酵素を摂取すれば、食べ物の消化がスムーズになり、胃腸の働きをサポートしてくれるため、腸内環境を整えることができるのです。

また、酵素自体が善玉菌のエサとなるため、善玉菌が増える効果も期待できます。そのため、便秘で悩んでいる方にもおすすめです。

エネルギーを作り出すのに必要な「代謝酵素」を補うことができます。そうすると、エネルギー代謝が促進されて痩せやすくなるのです。

そのため、酵素エキスを8週間以上継続して摂取すれば、基礎代謝が上がって体質が改善し、痩せやすい体質に変わるのため、ダイエットにもおすすめです。

また、基礎代謝が上がると、体温も上昇するので、冷え性の改善も期待できます。

代謝をより活発にしたい方は、入浴や運動などの「からだを温める行動」の前に摂取することをおすすめします。

「幸寿」の成分

「幸寿」は職人が自ら選び、厳選された80種類の素材が使われています。その中でも、特にこだわりを持たれているのは「ヨモギ」です。使用されているのは、ヨモギの産地として有名な新潟県上越市産の上質なもので、昔から、その健康効果が言い伝えられていました。

さらに、それだけではなく「ウコン」「スギナ」「ドクダミ」などの55種類の野草も使用されています。

また、「グレープ」「メロン」「リンゴ」「パイナップル」などの11種類の果物、「トウガラシ」「タマネギ」「ゴボウ」「ニンジン」など12種類の野菜、さらに「コンブ」と「フノリ」の2種類の海藻も使用されているのです。

これらの原材料は、500Lもの大きさの釜で、90度の温度を保ちながら、2時間もかけてかき混ぜて、エキスの抽出が行われています。

このときに、機械でかき混ぜてしまうと、下に沈んだままの材料や、浮いたままの材料をバランスよくかき混ぜることができません。そのため、職人が愛情をこめて、手作業でかき混ぜています。

さらに「幸寿」は、これらの原材料を、陶製甕を使い1~1年半かけて、じっくりと熟成させています。そのため、一般的な甕に比べて、麹菌、乳酸菌、酵母などの様々な種類の酵素を大量に発生させることができるのです。

アットコスメの口コミ

アットコスメで幸寿の口コミを調べたのですが、ありませんでした。

口コミは公式サイトのみのようです。

他の個人サイトやブログで、口コミを掲載しているのを見かけますが、信憑性は「??」です。

信用できる口コミは現在のところ、公式サイトの口コミだけです。

公式サイトの口コミ評判は嘘の掲載をしていないので安心できます。

口コミを確認されると本当の口コミかどうか、大抵の女性でしたら分かると思います。

>>「幸寿」の口コミを公式サイトで見る

お得な!!最安値情報

今なら、定期コース限定300名様に限り! 3600円のところ初回のみ 1800円で購入できます。

最近アクセスが急増していて、品切れの可能性が予想されており、月初めに申し込まれる方がほとんどです。

>>「幸寿」公式サイトのお申し込みはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする