絶対キレイな美肌になる!そんな美容意識の高い女性をサポートするサイトです。

美肌 キレイなお嬢様になる!

グルメ・食品

おいしい「イチジク」の選び方!食べごろがわかる見分け方は?

プチプチとろりとした変わった食感が癖になるイチジク

甘みが強く濃厚な味わいが特徴です。

食べ頃のイチジクは香りが良く、酸味も少ないため生で食べてもまるでジャムのよう。

 

しかし、残念なことに食べ頃やその見分け方を知らない人も多い果物です。

 

イチジクは、食べ頃を知らないまま口にすると、本来の美味しさの半分も味わえません。

 

そこで、イチジクの食べ頃や甘い実の見分け方を紹介します。

簡単に「イチジク」の食べごろがわかる方法

イチジクの食べ頃は、切ったり剥いたりしなくても簡単に判断可能です。

まずは、全体の色をチェック。

根元から先端まで満遍なく色づいた実が食べ頃となります。

また、柔らかさも重要。

触った時に実が柔らかい品を選びましょう。

お尻の部分を確認して、皮が裂けて中身が見えていたら成熟している証拠です。

 

イチジクは、若い実よりも成熟したものこそ甘くてジューシー。

 

食べ頃になると、甘い香りも強くなります。

 

皮の色やお尻部分の裂け方、実の弾力、そして匂いをチェックすれば簡単に食べ頃かどうか分かるでしょう。

「イチジク」を見た目で甘いと判断する方法

イチジクは、見た目だけでもある程度その甘さを判断することができます。

一番大切なのは、その色をチェックすることです。

甘いイチジクは、色づきの良いものになります。

色づきの薄いイチジクの実よりも暗い赤紫色をしていている方が、甘味が強くなるのでオススメです。

 

色の薄いイチジクと黒っぽくなった実であれば、後者の方がより甘さを感じられるでしょう。

 

黒っぽい色をしていると、その見た目から腐っていると勘違いする人も見られます。

 

ですが、イチジクの場合は黒っぽいほど甘みは強くなるので、心配いりません。

 

ただし、品種によっても色には違いがあります。

 

色むらができておらず、全体にしっかりと色づいた濃い色の実を選べば、問題ないでしょう。

逆に色みの薄いイチジクは、味も薄く甘みが少ないので避けるようにしましょう。

「イチジク」を触って甘いと判断する方法

イチジクの甘さを触って判断する時は、実を優しく掴んでみてください。

 

先端ではなく、根元側を触って確認してみましょう。

 

イチジクは固めの実よりも、柔らかい実の方が甘くなります。

 

固さのある実は、甘さがありません。

 

手で簡単に皮を剥けるほど柔らかくなった状態が、甘みのあるイチジクの特徴です。

 

ですが、柔らかれば柔らかいほど良いという訳ではないので、注意が必要です。

 

触った時に、あまりにもブヨブヨした感触の実はオススメしません。

 

ソッと優しく触っただけで、指の跡がついてしまいそうな実は避けましょう。

 

鮮度が落ちた古いイチジクの可能性があります。

 

大体、耳たぶくらいの柔らかさがベスト。

 

皮にハリがあり適度な弾力のある柔かさの実を選んでください。

 

「イチジク狩り」での選び方

イチジク狩りでは、もぎ取る前にしっかりと実の状態を確認することが大切です。

 

イチジクの実の形がまん丸としていて、皮にハリがあり瑞々しいものを選ぶのがポイント。

 

実全体が、しっかりと色づいたものを選ぶのがオススメ。

 

イチジクの実は、色の濃い方が熟しており甘くなっています。

 

種類によっても色味が異なるので、同じ木になっているイチジクの中で最も色の濃いものを選ぶと間違いありません。

 

また、イチジクのお尻の方が、割れている実も食べ頃です。

 

実の割れが大きいほど、成熟が進んでいる証。

 

すぐに食べたいのか、それとも日持ちする実が良いのかによって選び方は変わってきます。

 

多少日持ちさせたいなら、実の割れが大き過ぎない方が良いでしょう。

 

小売店での「イチジク」の選び方

小売店に並べられているイチジクは、鮮度が落ちている品もあります。

 

食べ頃かどうかだけではなく、鮮度も意識して選ぶ必要があります。

 

イチジクのヘタの切り口部分をチェックしてみてください。

 

収穫した際の切り口部分に、白い粘液が付着している場合は、鮮度が高い証拠です。

 

また、皮にシワがなく艶とハリがあるかどうかも確認してください。

 

実が萎んだものは鮮度が低いイチジクになります。

 

ぽってりとした丸みがあり、見た目よりも重量のあるものを選びましょう。

 

これは、どんな種類のイチジクにも共通する選び方のポイント。

 

小売店で購入したイチジクをすぐに食べるなら、お尻側の皮が星形に裂け白い果肉が見えている方がオススメです。

 

手に持ってみて柔かいものは熟したもの、固いものはまだ若い実になります。

甘くない「イチジク」を買ってしまった場合はどうすればいい?

成熟が足りずに甘くないイチジクなら、熟すまで保管するという方法もあります。

 

しかし、そうではなく甘くないイチジクにあたってしまったら、ジャムやコンポート、甘露煮にするのがオススメです。

 

甘くないイチジクも美味しく食べられます。

 

また、甘くなくても気にならない天ぷらやおひたしにして食べるという方法もあります。

 

イチジクは生のまま食べるというイメージがあるかもしれません。

 

ですが上記のように手を加えれば、甘くない実でも美味しく食べられるのです。

「イチジク」の選び方まとめ

イチジクの濃厚でトロリとした甘さを味わいたいなら、食べ頃の実を選びましょう。

 

選び方は、素人でも難しくありません。

 

見た目と感触だけで判断可能です。

 

実全体が、しっかりと色づいて、艶があり瑞々しい見た目のものを選びましょう。

 

種類にもよりますが、色は濃い物の方がベター。

 

そして、弾力があり柔らかく、お尻の皮が剥けているものが熟した食べ頃のイチジクです。

 

上記の条件を満たしたイチジクは、甘味が強くジューシー。

 

生のままでも美味しく食べられます。

 

ただし、イチジクは日持ちのしにくい果物です。

 

その為、スーパー等で買う際は、用途に合わせて最適な状態の物を選ぶのがオススメです。

-グルメ・食品

Copyright© 美肌 キレイなお嬢様になる! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.