大豆エキスは乳首やデリケートゾーンの黒ずみに効果を発揮!


大豆化粧品に配合される大豆エキスは、私たちが良く知る大豆から抽出されたエキスです。

大豆には豊富な美容効果を持っているイソフラボンが多く含まれており、保湿・美白・抗炎症・皮脂抑制・肌細胞の活性化など、様々な美容効果があります。

大豆エキスにはシミ、しわ、たるみなどを治す効果もあります。

スポンサードリンク

他にはデリケートゾーンの黒ずみや脇の黒ずみなどを白くして、目立たなくなる成分も入っています。

肌荒れがひどい人や顔の黒さが嫌で美白になりたいって人も大豆エキスを飲めば美白にも効果があり、肌荒れ解消にも効果が期待できます。

また、ニキビや吹き出物なども出来にくくなるという効果もあります。

発毛促進や血行不良の改善、頭皮環境の正常化など様々な角度からアプローチするので、色々な原因の薄毛に対して効果的です。

また、季節の変わり目など、肌状態の変化により、繰り返し現れるUゾーンのポツポツが気になる肌に。 大豆の種から抽出したエキスが、みずみずしい潤いを与えて、肌状態を健やかに保ち、肌荒れを防いでくれます。

大豆エキスの副作用について

色々な効果が期待できる大豆エキスですがその分「副作用」というものもあるようです。

適度に飲めば安全なのですが過剰に摂取してしまったりすると、甲状腺へのヨウ素の取り込みを阻害する作用がありヨウ素欠乏の状態で大豆製品を多く摂ると、甲状腺肥大をもたらす可能性があります。

なお、アレルギー持ちの人が多い世の中ですが、大豆アレルギーの人は全アレルギー食品中1.5%で、11位となっています。アトピーや喘息などアレルギーがある人はアナフィラキシーショックを起こす可能性があるため注意が必要です。

「よく効く薬も毒になる」という”ことわざ”もあるように何でも程々に摂取するようにしましょう。

古くから大豆は食用として利用されてきたので、人体や肌に対する刺激性は極めて弱い、安全な成分といえます。

現在の食品用大豆の自給率は21%で、アメリカ、カナダ、中国からの輸入が7割以上になります。

アメリカは日本向けの大豆を遺伝子組み換えのないものに切り替えていますが、まだ遺伝子組み換えのものも多くあり、農薬の危険も残ります。

スポンサードリンク

安全で健康的に飲みたいのならば農薬を使っていないものを取るなど、自分で調べて購入したほうがいいと思います。

大豆は納豆もそうですがもちろん健康にもいいので毎日飲んでみるというのもオススメします。 長くなりましたがダイエットやお通じにも効くというメリットもあるのでぜひ試してみましょう♪

「大豆エキス」配合の乳首デリケートゾーンの黒ずみに効果があるおすすめ化粧品2選!

 

湘南美容外科「ホスピピュア」

女性の肌やさまざまな悩みに応えてきている美容のプロである湘南美容外科クリニックとの共同開発で 研究開発担当の藤瀬医師が女性の乳首やデリケートゾーンの黒ずみの悩みに対し。肌とにあった成分等を追及し研究に研究を重ねて作られた商品です。

販売価格
特別限定価格 5,500円
成分
ルナホワイト、ヒメフロウエキス、大豆エキス、果汁エキス、ローズマリーなど
販売サイト

薬用イビサクリーム

薬用イビサクリームは商品ありきではなく、悩みありきで生まれた商品です。 その結果、圧倒的な満足度を得ることができ、2016年1月に行った「デリケートゾーン 美白ケア商品」による インターネット調査では人気No.1を獲得し、デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームといえば、 イビサクリームという意識が一般の方にも浸透しつつあることが証明されました!

販売価格

特別限定価格 4,970円

成分
サクラ葉抽出液、カモミラエキス、ダイズエキス、オウゴンエキス
販売サイト

>>「ホスピピュア」と「薬用イビサクリーム」の詳しい比較はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする