顔のブツブツしたニキビ跡を何とか治したい!


顔のブツブツしたニキビはどうして出来るの?

顔のブツブツとしたニキビは毛穴の詰まりが原因となり、毛穴の中で皮脂が溜まってしまう事が一番最初のステップです。

アクネ菌は皮脂が大好物なので、毛穴の中に溜まった皮脂を餌としてドンドン増えていってしまいます。すると増殖したアクネ菌が生み出す物質により、炎症を起こし赤みを伴う立派なニキビが誕生してしまうんですね。 特にデリケートな顔に出来るニキビは跡から赤みを帯びやすいので注意が必要です。

アクネ菌は、もともと肌の常在菌なので、ニキビがない綺麗な肌の人でもアクネ菌が存在します。でも、このアクネ菌が毛穴の詰まりによって過剰に増殖する事で悪さをし、ニキビの原因となってしまうのです。

ニキビの原因というと、多くの人が皮脂が原因と思っているのには、皮脂がアクネ菌の餌となるからでしょう。ただし、あくまでもニキビの原因は毛穴が詰まってしまい、皮脂が排出されずに溜まってしまう事なんです。皮脂だって本当は、美肌に欠かせない大切な役割を担ってくれているんですよ。

つまり、脂性肌でも乾燥肌でも毛穴が詰まってしまうとニキビが出来るのです。例えば、ターンオーバーが上手く行われない事で、角質が厚くなり毛穴が狭くなってしまったり、乾燥によりバリア機能が弱まった肌の未熟な角質が剥がれて毛穴を塞いでしまう事などが直接的なニキビの原因となります。

その他にも、閉塞感の強い化粧品やファンデーションなどが毛穴に詰まってしまう事も、ニキビの原因となりますね。化粧を落とした後にニキビが発生している!そんな時はこうしたメイクアップ用品等が、毛穴を塞ぐ原因だと考えられるでしょう。

また、食べ物やライフスタイルなどにも毛穴を詰まらせる原因がたくさん隠されています。例えば睡眠不足は、肌のターンオーバーを狂わせ新陳代謝が遅くなり毛穴が詰まりやすくなります。油分や脂肪の多い食事は、皮脂の分泌を過剰にして肌の異常角化を起こすかもしれません。

このように、顔のブツブツとしたニキビの原因となる毛穴詰まりを引き起こす要素は実に様々なのです。

ブツブツした顔のニキビは予防可能なの?

ブツブツのニキビはきちんとした自分に合ったスキンケアを毎日行う事で予防は可能になります。毛穴詰まり起こさずニキビを予防するには、肌の水分と皮脂のバランスを保ち、ターンオーバーが整った肌の状態にする事がポイントです。

バランスの良い食生活、規則正しい生活を送ることといった、スキンケア以外の内側からのアプローチもニキビ予防の為には大切にしなければいけないポイントとなります。

肌の状態によって効果を感じる期間は異なりますが、正しいケアと生活を地道に続ける事がニキビ予防へと繋がっていきますよ。だから、顔にニキビが出来るのは肌質だから仕方がないなんて思わないようにしましよう。

ニキビに効果的な商品の正しい選び方

ニキビ用の商品はたくさんのアイテムが販売されていますね。ニキビに悩む人の数が、どれほど多いかという事が分かるでしょう。

しかし、正しい商品選びを知っておかないとニキビのない美肌には近づく事が出来ません。

逆に商品によっては、顔のニキビが悪化したり新規のニキビが、出来てしまう可能性があります。ニキビに効果を発揮する商品選びのポイントは、

①「肌に刺激を与えない」

②「保湿力が高い」

③「美白も出来る」

④「浸透力がある」

という4つです。

まず、ニキビのある肌はとても敏感になっている状態です。そんな肌に刺激の強い商品を使っても、肌の負担を増やすだけです。顔のニキビには、低刺激なスキンケア商品を選ぶ事が大切なんですね。

そして、ニキビケア商品は保湿力が高いという事も重要。ニキビケアだからといって、皮脂を奪い過ぎたり潤いをとってしまう様な商品は絶対にNGです。毛穴を詰まらせない様に、肌を保湿する必要があるからです。

でも、その保湿成分が非常に重要なんです。ニキビに影響を与えない保湿成分がたっぷり配合されている事が望ましいですね。ヒアルロン酸やセラミドなどは、ニキビを悪化させずに肌を保湿するニキビケア用の保湿剤として一番最適です。

ニキビケア商品は、出来ているニキビだけではなく、治った後の肌のサポートまでしてこそ一人前。ニキビが治った後の肌は、赤みや茶色いシミ、凸凹などに悩まされるものです。

美白成分入りのニキビケアコスメなら、ニキビの跡を予防・改善するお手伝いまでしてくれますよ。

しかし、どんなに良い成分が配合されていても、浸透力が悪ければ意味はありません。ニキビケア商品は、浸透力が高く、ニキビに有効な成分が肌の奥まで届くアイテムを選ぶようにしましょう。

こうした4つのポイントを満たす商品こそ、ブツブツしたニキビケアにベストなのです。

ピュアメイジング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする